●なぜカエルカフェ?
小川町はカエルの詩人といわれる草野心平の生まれ故郷です。いわき市立草野心平記念文学館もあります。小川町といえば、「草野心平」→「カエル」と連想するかたが多く、カエルは小川町の大切な地域資源です。
そこで、「カエルでたのしむ カエルであそぶ カエルでもてなす――」、カエル推しのカフェをつくりました。

閑静な住宅街にありながら、裏手は田んぼというロケーション。喧騒を離れ、ひとり穏やかな時間を過ごしたり、友だちとおしゃべりをしたり、週末にご家族でランチをしたり……。それぞれにたのしんでいただければうれしいです。

 
●建物

建物は手づくりのドームハウス。物件オーナーが 4 年かけてつくりあげました。セルフビルドの味わい深さを活かすため、建築会社のかたには最低限のリフォームをお願いし、棚をつける、カウンターをつくる、壁や天井を塗るなどの作業はじぶんたちで行いました。 テーブルも手づくり、イスは栃木県・那須塩原市の職人によるリメイク作品です。既製品にはない温かみが感じられるのではないでしょうか。

 
●店内
店内にはカエルの小物やぬいぐるみ、絵本などがたくさんあります。ほとんどがいただきもので、お客さまからおみやげとしていただくことも--。

 

 
 
●顔出しパネル

いわき市在住のイラストレーター・ユアサミズキさんの作品です。壁一面にカラフルなカエルが描かれています。顔出しパネルになっているので、記念撮影するかたも多く、当店の名物となっています。

 
●やたがえるくん

当店のオリジナルキャラクターです。ぬいぐるみ作家・伊藤磨紀子さんに描いていただきました。眠たそうな目、愛嬌のあるたたずまい......。なんとも愛らしくて、やたがえるくんの手ぬぐいや缶バッジも人気があります。

 
●自転車スタンド

小川町から川前方面へとロードバイクで走るかたが多いのですが、休憩できる飲食店が少ないため、スポーツ自転車愛好家のみなさんにも気軽に立ち寄っていただけるように、自転車スタンドを設置しました。

Free Wi-Fiをご利用ください。SSIDcustomer Password:0246484066
●店内外、ご自由に写真をお撮りください。SNS等への投稿も大歓迎です。
ワークショップ等の開催場所としてもご活用ください。営業時間内であれば会場費無料、参加者のかたにお飲み物を注文していただければOK。
 定休日の場合は1時間1,000円となっています。

●オリジナル缶バッジ、オリジナル手ぬぐいも発売中!
 オリジナル手ぬぐい    1200円                                      オリジナル缶バッジ   500円 
  ↑手ぬぐいは入り口に実物あり                                             シンプルな缶バッジなので男性にも好評です